グリーン歯科クリニック

痛い・怖いを緩和する快適に治療ができる麻酔法

ホーム > 歯科コラム > 笑気麻酔

笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)による
歯科治療

「強い痛みを我慢しなければならない」「歯を削るときの音や振動が不快だ」「嘔吐反射が強く治療を受けられない」など、歯の治療に対して強い不安やストレスを感じているという方は少なくないでしょう。 また、子供の頃の歯科受診がトラウマとなり、治療を受けたくても受けられずにいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな患者様におすすめなのが、笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)です。岡山県倉敷市のグリーン歯科では、患者様により安心で快適に治療を受けていただけるよう、笑気麻酔を併用した歯科治療を行っております。

笑気麻酔とは

歯科治療中の子供

笑気麻酔とは、正式には「笑気吸入鎮静法」と呼ばれる麻酔法です。 鼻に吸入用のマスクを装着し、陶酔効果のある笑気(30%以下の亜酸化窒素)と医療用酸素(70%以上の高濃度の酸素)が混ざった気体を吸入して、痛みを感じにくくリラックスした全身状態を作り出します。

歯科治療というと、「痛い」「怖い」などの不快なイメージがつきものですが、笑気麻酔を用いることで、治療中の痛みや歯を削る音・振動を気にすることなく、緊張せずに快適な精神状態で歯の治療を受けることができます。

笑気麻酔下における
歯科治療の流れ

笑気吸入鎮静法を用いた場合の歯科治療の流れは、以下の通りです。

1.治療台に横になります。
2.笑気吸入装置につながったマスクを鼻に装着します。
3.規則正しく呼吸しながら、笑気ガスの吸入を開始します。
4.徐々に笑気ガスの濃度を上げていき、適度な鎮静状態を作り出します。
5.五分ほど経過して鎮静状態を確認後、吸入を継続しながら治療を開始します。
6.治療終了後、吸入をやめて覚醒するまで安静にします。
7.不快感やふらつきなどの異常がないことを確認したら、そのままご帰宅いただけます。

笑気麻酔はこんな方におすすめです

全身麻酔は意識がなくなりますが、笑気吸入鎮静法は、患者様をリラックスさせる方法であり、意識がなくなったり、眠ってしまったりすることはありません。(※笑気中の記憶は保たれます。)笑気吸入鎮静法の場合、患者様は呼びかけに反応できるため、反応をみながら治療が進められます。

糖尿病・甲状腺疾患・
循環器疾患(高血圧や狭心症など)を
お持ちの方

寝ている患者

歯科治療に伴う痛みや精神的不安は、全身状態に大きく影響します。糖尿病や甲状腺疾患、高血圧や狭心症などの循環器疾患といった持病のある方の場合、笑気吸入鎮静法によりリラックスした状態を作り出すことで、治療の安全性を向上させることができます。

嘔吐反射の強い方

嘔吐反射

嘔吐反射の原因として、精神的ストレスが大きく関わっているケースは少なくありません。
「治療用の器具が口に入ると気持ち悪くなってしまう」という方も、笑気吸入鎮静法を用いることで、緊張が和らぎ、落ち着いて歯科治療を受けることが可能です。

年齢の小さなお子様

赤ちゃん

笑気吸入鎮静法は局所麻酔のように針を刺しません。そのため、歯医者が苦手な年齢の小さなお子様でも、吸入マスクの装着が可能であれば不快感もなく受けられます。

歯科治療への恐怖心の強い方

恐怖心の強い子供

治療に対し不安感や恐怖心の強い方の場合、血圧の急激な上昇や過呼吸、脳貧血など、偶発症の発症リスクが高まります。笑気吸入鎮静法を使用することは、患者様の精神的負担を軽くし、これらの偶発症の防止につながります。

妊娠中の笑気麻酔は可能?

妊娠中の女性の患者様の場合、笑気麻酔は使用できません。 その他、持病をお持ちの方で笑気麻酔をご希望の方は、医師へ必ずその旨を伝えてください。

笑気麻酔と
他の麻酔法との違い

笑気吸入鎮静法以外の麻酔法として、全身麻酔や静脈内鎮静法などが挙げられますが、笑気吸入鎮静法はこれらとはどのような違いがあるのでしょうか。

全身麻酔との違い

全身麻酔は、主にインプラント治療などの大掛かりな外科手術を必要とする際に用いられ、患者様の意識がない状態で治療が行われます。

笑気吸入鎮静法の場合、患者様の意識は保たれたまま治療が行われます。眠ってしまうこともありませんので、身体に異常が起こった際には患者様は症状を訴えることができ、歯科医師も反応を確認しながら治療を進めていくことが可能です。

静脈内鎮静法との違い

静脈内鎮静法は、静脈内に笑気よりも強い鎮痛剤・鎮静剤を投与し、うとうととした状態を作り出す方法です。インプラント手術や親知らずの抜歯時などに行われます。

静脈内鎮静法の鎮静・鎮痛効果は非常に高いのですが、薬剤の排泄に半日かかるため、治療後の行動に制限が多いという難点があります。
一方、笑気吸入鎮静法では薬剤の排泄が非常に速やかなため、静脈内鎮静法と比べると回復が早く、治療後も異常がなければ食事や運転などの行動に制限がありません。

笑気麻酔下での歯科治療を
ご希望の方は当院へご相談ください

笑気麻酔は、歯科治療に不安のある方には非常に有効な麻酔法です。しかし、導入している医院は増えてきているものの、どこの医院でも受けられるというわけではありません。 歯科治療で笑気吸入鎮静法をご希望される方や、費用や治療に関する疑問点をお持ちの方は、岡山県倉敷市のグリーン歯科までお気軽にお問い合わせください。

お知らせ

  • >  2017.08.06 スタッフコラム
    おかやま桃太郎祭りを追加しました。
  • >  2017.08.07 <夏季休診案内>
    夏季休暇 / 8月11日(金)~15日(火)
  • >  2017.07.14 グリーン歯科ニュース
    本日のお花を追加しました。
  • >  2017.05.02 スタッフコラム
    家族旅行を追加しました。
  • >  2017.04.24 スタッフコラム
    クラシックコンサートを追加しました。
  • >  2017.01.13 スタッフコラム
    家族旅行を追加しました。
  • >  2016.12.12 スタッフコラム
    愛犬を追加しました。
  • >  2016.11.14 スタッフコラム
    ホラーナイトを追加しました。