グリーン歯科クリニック

歯周病 - 歯周病の悪影響は全身に及びます

ホーム > 歯周病の悪影響は全身に及びます

歯周病が影響を与える
全身疾患とは

歯周病といえばお口の中で起こる病気と思われがちですが、全身疾患の原因となるということご存知でしょうか?歯周病が影響を及ぼす対象は、高齢者から妊娠中に妊婦さんまでさまざまです。体調が悪くて治療を受けているのに、症状の改善がみられないという方は、歯周病が悪影響を与えているかもしれません。

歯周病が全身疾患を引き起こす理由

歯周病が全身疾患に影響を与える要因として、主に細菌と炎症の2つが挙げられます。

歯周病が起こる原因が細菌感染だということは広く知られていますが、歯周病の原因菌が全身疾患に直接影響するほか、血液などを介して間接的に症状を引き起こすことがあります。また、歯周病によって慢性的に炎症が続くことで、全身的なリスクへと広がっていく可能性が高くなるのです。

このように、歯周病は思わぬところで悪影響を与えることから、できるだけ早めに治療を受けて、全身疾患への影響を最小限に抑える必要があるといえます。

歯周病がリスクを高める主な4つの全身疾患

1. 糖尿病

歯周病と糖尿病はとてもつながりが深く、歯周病が糖尿病を悪化させるだけでなく、糖尿病が歯周病を引き起こすことがあります。

歯周病菌が放出する毒素が血液によって運ばれることで、インスリンの分泌に影響を与えてしまいます。反対に、糖尿病になると免疫力が低下するため、歯周病が起こりやすくなることから、どちらか一方の治療だけでは、結果的にどちらも症状も改善されないのです。

2. 誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは、食べ物が誤って気管に入ってしまうことで起こる、飲み込む力が弱まった高齢者に多い肺炎です。

歯周病を発症している場合、歯周病菌が食べ物を介して肺の中に入り込んでしまうと、歯周病にかかっていない人よりも、肺炎が起こるリスクが高くなるのです。特に、高齢者の肺炎は命にかかわる重大な疾患のため、歯周病治療と誤嚥対策の両方が必要となります。

3. 早産・低出生体重児

妊娠中、歯周病の炎症の影響によりプロスタグランジンというホルモンの分泌量が増えると、陣痛が促進されるため、早産のリスクが高くなります。

妊娠中のホルモンバランスの変化や唾液の分泌量の減少によって、妊婦さんは「妊娠性歯肉炎」にかかりやすくなるため、気になる場合は、安定期に入ってから歯医者を受診してお口のケアを受けることが大切です。その際は、必ず妊娠していることを歯科医師に伝えてください。

4. 心疾患や動脈硬化

歯周病菌が血液に入り込むことによって、心臓の内側の膜で炎症が起こる「細菌性心内膜炎」を引き起こす場合があります。

さらに、歯周病菌が血管内で増殖することにより、血管の弾力が失われて硬くなる動脈硬化の中でも、血管の壁がお粥のようにドロドロの状態になる「粥状硬化症」の発症に影響を与えることが分かっています。粥状硬化症になると、血管の壁が厚くなりやすいため、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高くなります。

歯周病治療 - MENU

お知らせ