グリーン歯科クリニック

歯周病 - 歯周病とは?国民の8割が歯周病って本当?

ホーム > 歯周病とは?国民の8割が歯周病って本当?

歯周病とは?

症状・当進行過程・
予防法について

歯を失う原因はさまざまですが、そのうちの大きな割合を占めているのが虫歯と歯周病です。特に歯周病は、歯を失う原因となるだけではなく、全身疾患とも深く関連していることが分かっています。
将来、自分の歯を多く残し、長きにわたり全身の健康を維持するためには、歯周病予防の徹底が非常に重要となります。

そもそも歯周病とは?

歯周病の構造

歯周病とは、歯と歯茎の溝(歯周ポケット)からプラーク内の歯周病原菌が侵入し、歯周病減菌が出す毒素によって歯肉が炎症を起こしてしまう病気です。この炎症が歯肉だけではなく歯を支えている歯槽骨にまで波及すると、骨吸収が進んで歯がグラグラしたり、最悪の場合、歯が自然に抜け落ちてしまったりすることもあります。

歯周病の症状

歯周病になると、口腔内においてさまざまな症状が現れるようになります。特に、以下の症状に当てはまる方は、歯周病の可能性があるため注意が必要です。

  • ブラッシングの際、
    歯茎から出血する
  • 起床時、口の中の
    ネバつきが気になる
  • 口臭がきつい
  • 歯がぐらつく
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎下がりが気になる

歯周病に
なりやすい方の特徴

以下の項目に当てはまる方は、歯周病になりやすい傾向にあります。初期段階の歯周病は自覚症状がない場合も少なくありません。歯周病の早期発見につなげるためにも、定期的に歯科医院を受診することをおすすめします。

  • 妊娠中である
  • 糖尿病である
  • 喫煙習慣がある
  • インプラントを入れている

歯周病と妊娠

妊娠中は心身ともにさまざまなトラブルが起こりやすいものです。特に、妊娠初期はホルモンの影響により口腔環境が変化するほか、つわりのために口腔内の清掃が困難になりやすく、歯周病や虫歯といった口腔トラブルが発生しやすい時期です。

妊娠期の歯周病による悪影響

妊娠中の女性が歯周病にかかると、歯周病ではない妊娠中の女性と比べて低体重児および早産につながるリスクが7倍にまで高まることが分かっています。これは、歯周病により生成される炎症性物質が子宮収縮作用のある物質の生成を促進してしまうためです。このことからも、母子の健康を守るためには妊娠前からの歯周病予防が非常に重要であると言えるでしょう。

歯周病と糖尿病

病気の女性

さまざまな研究結果により、歯周病は心疾患や骨粗しょう症、誤嚥性肺炎などの全身疾患と深く関わっていることが判明していますが、その中でも注目されているのが糖尿病との関係です。

糖尿病はインスリンと呼ばれるホルモンの作用が低下し、食べ物から分解された糖分が体内に吸収されにくくなり、高血糖の状態が続く病気です。糖尿病になると、神経障害や網膜症、動脈硬化などさまざまな合併症を引き起こします。

代表的な生活習慣病である糖尿病と歯周病は、互いに増悪につながる関係にあります。これは、糖尿病により身体の抵抗力が低下し、感染症にかかりやすくなることと、歯周病原菌により生成される炎症性物質が、インスリンが作られるのを阻害する作用を持つことに起因しています。

歯周病と喫煙

たばこを吸う男性

呼吸器・循環器疾患やガンなど、喫煙による人体への悪影響は広く知られていますが、タバコは糖尿病に並ぶ歯周病の2大リスクファクターのひとつでもあります。

タバコの恐ろしいところは、喫煙者本人だけではなく、受動喫煙によっても歯周病のリスクが高まるという点です。職場や家庭で副流煙にさらされている場合、たとえ非喫煙者であっても歯周病になる可能性があるのです。
また、歯周病の発症に関わるほか、歯周病の治癒が長引く、歯肉にメラニン色素の着色が現れるといった問題もあります。歯の健康を維持する上で、禁煙は欠かせない要素と言えるでしょう。

歯周病とインプラント

インプラント

インプラントとは、歯をなくした部位にチタン金属でできた人工歯根を埋め込み、天然歯と変わらない見た目と機能を取り戻す治療法です。

歯周病原菌によってインプラントの周囲の組織が炎症を起こす病気をインプラント周囲炎と言います。インプラントは虫歯にはなりませんが、天然歯と比べて抵抗力が弱く、細菌感染を起こしやすい傾向にあります。インプラント周囲炎の予防のためには、毎日の丁寧なお手入れと定期メインテナンスが重要となります。

歯周病の進行度

歯周病の進行過程を、軽度~中度~重度に分類して解説します。

軽度(歯肉炎)

軽度(歯肉炎)

軽度の状態(歯肉炎)になると、歯茎が腫れてピンク~赤色を呈し、ブラッシング時には出血が気になるようになります。この時点では歯槽骨への影響はなく、歯周病であることに気付きにくい状態ですが、適切なプラークコントロールを行えば、元の健康な状態にまで改善できる場合もあります。

歯肉炎の種類と原因

歯肉炎には複数の種類があり、その原因もさまざまです。

  • 単純性歯肉炎
    プラークにより発生する歯肉炎
  • 妊娠性歯肉炎
    女性ホルモンの影響による妊娠初期に発生しやすい歯肉炎
  • ヘルペス性歯肉炎
    ヘルペスウイルスにより小さな水泡ができる歯肉炎
  • 慢性剥離性歯肉炎
    栄養失調やビタミン欠乏、性ホルモン異常などの理由により、歯肉がはがれる歯肉炎
  • 壊死性潰瘍性歯肉炎
    ストレスや口内炎の合併症などの原因により歯肉が壊死して潰瘍ができる歯肉炎

中度(歯周炎)

中度(歯周炎)

中度の状態(歯周炎)になると、歯茎の腫れや炎症が悪化し、歯周ポケットもさらに深くなります。歯槽骨や歯根膜などの歯周組織の破壊も始まり、歯肉退縮(歯茎下がり)が見られるようになります。

重度

重度

重度の歯周病にまでなると、歯の根にまで汚れが付着し、歯周ポケットもかなり深くなった状態となります。
歯槽骨の吸収が著しく、歯がグラついて噛む機能が低下し、食事もままならなくなります。歯茎からは出血だけではなく排膿が見られるようになり、強い口臭も発生します。ここまで重度になると歯周外科治療(手術)を要するケースもあります。

歯周病を予防するには

歯周病を予防するには、自宅で行うセルフケアと、歯科医院で受けるプロフェッショナルケアの両立が必要となります。

セルフケア

歯科衛生士と患者

歯周病の原因は、プラーク内に存在する歯周病原菌です。つまり、毎日の適切なプラークコントロールが歯周病予防につながります。特に、歯ブラシを使ったブラッシングは基本中の基本です。
「歯磨きの仕方に自信がない」「どんな歯ブラシを使えばよいかわからない」といった方は、まずは歯科医院を受診し、歯科医師や歯科衛生士にアドバイスをもらうとよいでしょう。

また、歯ブラシを使ったブラッシングのみでは歯間部分のプラークを61%しか落とせなかったのに対し、フロスの併用により79%、歯間ブラシの併用により85%まで落とすことができたという報告があります。歯ブラシの毛先が届かない歯間部分には、デンタルフロスや歯間ブラシを使ったケアが有効です。

※デンタルフロスの使い方についてはこちら
歯間ブラシの使い方についてはこちらのページをご覧ください。

プロフェッショナルケア

治療中の歯科衛生士

初期段階の歯周病は自覚症状がない場合もあります。「気が付いたときには重度にまで進行していた」ということにならないためにも、定期的に歯科医院を受診し、メインテナンスを受けて早期発見につなげることが非常に重要です。

汚れが付着した状態をそのまま放置していると、プラークが石灰化し、2週間ほどで石のように硬くなります。これを歯石と言います。歯石は虫歯の原因にはなりませんが、でこぼことしたその形状から細菌の温床となりやすいため、歯周病リスクを高める要因となります。
歯石は強固に付着するため、通常のブラッシングで取り除くことは困難です。このようなセルフケアで落とし切れない汚れは、歯科医院でのクリーニングにより徹底的に除去する必要があります。

歯周病は
再発しやすい病気です

歯周病は一度治療を行っても容易に再発する病気です。治療後も良好な状態を維持するためにも、適切なお手入れ方法を継続して行っていく必要があります。

岡山県倉敷市のグリーン歯科クリニックの予防歯科では、歯周病の治療・予防指導に積極的に取り組んでおります。「歯周病が長年治らない…」「もしかしたら歯周病かも?」とお悩みの方は、ぜひ当院へお気軽にお越しください。

歯周病治療 - MENU

お知らせ