歯周病治療は専門医のいるグリーン歯科(岡山の倉敷、総社市)へ

歯周病

  1. 診療方針と基本理念
  2. 歯周病への取り組み
  3. 虫歯予防への取り組み
  4. 倉敷グリーン歯科へのアクセス
  5. 山手グリーン歯科へのアクセス
  6. お知らせ

歯周病

歯周病

歯周病治療とは

歯周病の構造

歯周病は歯垢(プラーク※最近ではバイオフィルムとも言う)が歯に付着しプラークの中の細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯肉の隙間についた歯周病菌は歯の根に沿って徐々に移動し、歯周組織を破壊してしまいます。

歯周病の始めの症状は歯肉の炎症からはじまり(歯肉炎)そして周囲の炎症に進行します。(歯周炎)
歯周病が進行してくると口臭もきつくなり、自分でも口臭が意識できる程になります。
最悪の場合は顎骨(歯槽骨)をも溶かしてしまう恐ろしい感染性です。

歯周病治療はこれらの細菌を除菌することです。
当院(岡山にあるグリーン歯科クリニック)ではレーザー治療による歯周病の治療を行っています。
※山手グリーン歯科医院では行っておりません。
一度歯周病になったら、専門の治療が必要なので、歯周病にならない様に毎日のケアをしていきましょう。

歯を失う主な原因は歯周病

歯を失う最も多い原因は歯周病です。歯を失う原因のおよそ4割をしめていると言われています。
特に30歳の後半から40歳の後半にかけてはピークで50歳になると歯の喪失原因の約半数を占めるほどの勢いです。人類史上で最も多い感染症とも言われギネスに認定されている感染症です。

歯周病の症状

歯周病にも段階があります。中々自覚症状がない場合もあるのですが、ご自分の歯肉のチェックをして、重度な歯周病になる前に専門の治療を受けましょう。

健康な歯茎

健康な歯茎

健康な歯肉の特徴は歯と歯肉の間の溝(歯肉溝)の深さでわかります。
健康な歯肉溝の深さは3ミリ以内と言われています。
歯肉の色はピンク色で歯を支える骨(歯槽骨)もしっかりしている状態。そして、歯の頭部分(歯冠)は白色で透明感があります。
歯周病になる前の健康な状態はこの様な状態です。健康な歯を維持していくには定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

歯肉炎(軽度な歯周病の状態)

歯肉炎(軽度な歯周病の状態)

軽度な歯周病の状態は歯肉の色が変わってきます。
歯肉が歯周病菌によって炎症し、ピンク色から赤みを帯びてきます。
この状態を一般的には歯肉炎といいます。
この段階では歯を支える歯槽骨には異常はなく、歯肉からの出血・腫れ程度で自覚症状がなく、気付きにくいのが特徴です。
軽度な状態であれば、歯垢・歯石除去で改善する事も可能ですが、プラークが原因でなる場合と他の要因でなる歯肉炎もあるので注意が必要です。

単純性歯肉炎

プラークが原因の歯肉炎です。最も多いのがこのタイプの歯肉炎です。

妊娠性歯肉炎

女性ホルモン(プロゲステロン・エストラジオール)の影響でなる場合があります。
妊娠の初期になるケースが多いようです。

ヘルペス性歯肉炎

ウィルス性の歯肉炎で口の中に水泡などが出来る場合もあります。ヘルペス性歯肉口内炎とも呼ばれています。小さいお子様がかかる場合が多いようですが、近年では大人でも掛かります。

複雑性歯肉炎

通常の歯肉炎とは違い全身性因子や特殊な因子が関係している歯肉炎です。薬の副作用などでなる場合もあります。

慢性剥離性歯肉炎

ビタミンの欠乏やホルモン・栄養失調など様々な原因がありますが、ストレスも関係して起こるとされる歯肉炎です。

急性壊死性潰瘍性歯肉炎

歯に黒ずみが現れるのが特徴です。口内炎の合併症やストレスが原因ともされています。

歯周炎(中度の歯周病の状態)

歯周炎(中度の歯周病の状態)

歯肉炎同様に歯肉の腫れを伴い更には骨が溶けはじめます。又歯根に歯石が付着し、歯周ポケットの深さも深くなり、細菌の恰好の住家になっています。
この状態でも自覚症状は少ないので、注意が必要です。
本格的に顎骨が溶ける前に専門的な処置が必要でしょう。
この頃から歯茎が下がってくるので、歯が細長く見えてくるのも特徴です。

重度な状態の歯周病

重度な状態の歯周病

歯を支える骨の吸収がさらに進行した状態。
特徴は、歯根には大量の歯石が付着し、歯槽骨が大量に溶けだしている状態です。
歯周ポケットの深さはかなり深くなり、この状態では歯がグラグラして歯肉は下がり、良く噛めない状態になります。
この様な状態になると中々治療が難しくなります。自覚症状としては朝起きると口の中がネバネバしていたり、口臭がきつくなります。
歯肉はぶよぶよして膿もでてきます。この様な状態になる前に治療をしましょう。

歯周病の自己診断チェックシート

歯周病は自覚症状がないまま進行します。
虫歯の時しか歯医者に行かない、メンテナンス以外では歯医者に通わない人は下記のセルフチェックをしてみてください。

  1. 歯茎が赤みを帯びている。歯の隙間が広がった様な気がする。
  2. 歯磨きをすると血がでる。
  3. 歯ぐきから膿がでている。
  4. 冷たい物を飲食すると歯にしみる。
  5. 不規則な生活
  6. 朝起きると口に中がねばねばしている。
  7. 人から最近口臭がきついと言われる
  8. 歯ぐきが腫れている。
  9. 硬い物を噛むと歯がぐらぐらしてよく噛めない
  10. 歯がなんとなく長くなったような気がする。
  11. 糖尿病と診断された。
  12. 抜けた歯があるが、そのままにしている。

※上記の項目で3つ以上当てはまる方は歯周病になる可能性があります。
※上記の項目で6つ以上当てはまる方はすでに歯周病に感染している可能性が高く専門の医師に健診してもらいましょう。
※当てはまる項目がほとんどの方は重度の歯周病の可能性が高く専門の治療が必要になります。いますぐ、歯医者に行き治療しましょう。

歯周病と生活習慣病、特に糖尿病との関係

口腔内の疾患が、全身にいろいろな影響を与えることは、最近ではテレビ番組でもとりあげられ、広く知られている事です。

そのなかでも、近年のさまざまな研究結果から、歯周病を放置すると、歯を失うだけでなく、全身にいろいろな形で悪影響を及ぼしていることがわかってきました。
例えば、歯周病の人は、そうでない人と比べて、心筋梗塞などの心臓血管疾患を発症する危険性が3倍も高くなり、低体重児早産を引き起こす危険は7倍も増します。また、糖尿病や心臓血管疾患などがある場合は、それを悪化させます。

とりわけ糖尿病は古くから歯周病とのかかわりが注目されてきた疾患で、糖尿病の人は、そうでない人に比べて歯周病が起き易く、重度であることが報告されてきました。

糖尿病で歯周病が悪化する理由

唾液の減少や、唾液や歯周ポケット内の糖分の濃度の上昇で歯周病菌が繁殖する。
高血糖により、細菌に対する抵抗力が低下する。
高血糖や、末梢組織の血流量低下により、組織の修復力が低下する。

歯周病で糖尿病が悪化する理由

歯周病の炎症のある場所ではサイトカインとよばれる物質が作られますが、このサイトカインがインスリン抵抗性をひきおこし、インスリンの効きにくい状態を作り出すのです。

糖尿病と歯周病は相互に悪影響を及ぼし合います。
歯周病の人は、しっかりと糖尿病の治療を行い、血糖をコントロールすることが必要です。
また、糖尿病患者で、歯周病のコントロールをしっかり行った場合にも血糖値(HbAlc)が低下したという報告があります。

糖尿病の治療の3本柱(食事療法、運動療法、薬物療法)に加えて、歯周病の治療と予防がもうひとつの大切な柱になります。

当院では、糖尿病をはじめとする、さまざまな生活習慣病の改善と予防を目的として、歯周病の治療、コントロール、予防に取り組んでいます。

歯周病は予防できます

一度歯周病にかかると簡単に治るという事はないので、歯周病を治すという前に歯周病にならない様に予防対策をしっかりしましょう。

歯周病になりやすい人・環境

  1. 喫煙
  2. 歯並びが悪い
  3. 歯石
  4. 糖尿病
  5. 食習慣

歯周病の原因は沢山あります。歯並びが悪いと細かいところまでブラッシングできず、食べかすが歯周病の原因にもなります。
※歯科矯正についてはグリーン歯科の矯正歯科についてを参考にしてください。

歯を失わないためにも歯磨き(プラークコントロール)をしっかりしましょう。

インプラント治療の方は 要注意

インプラントとは人工の歯根を顎骨に埋め込み本来の歯の噛み心地・審美性を取り戻す治療方法です。詳しくはグリーン歯科のインプラント治療を参考にしてください。
歯周病とインプラントは密接な関係があります。インプラント治療後に怖いのは同じ歯周病菌が起こすインプラント周囲炎という病気です。特に天然の歯と比べ抵抗力が弱くなるので、インプラント治療をした方は毎日のメンテナンスの強化と定期検診が必要になります。

歯周病の予防策のポイント

  • 正しい歯磨き(ブラッシング)
  • 食べたらすぐに歯を磨く
  • 定期的に歯科検診を歯医者さんで受ける
  • 歯医者さんで予防の指導を受ける

又、歯磨きが出来ていると思っていても、間違ったブラッシングなどをしていると歯茎を傷つけたりする原因になります。

プラーク除去のポイントは、食べたらすぐに歯を磨く事と寝る前のブラッシングは丁寧にすることなど、いくつかポイントがあります。
正しい歯磨き方法が分からない場合は当院にご相談下さい。

毎日の歯磨きをしっかりして歯周病の原因にもなる歯垢を取りましょう。歯ぐきが腫れるなどの症状が出たらすぐに歯科検診を受け、定期的に検診を受けることで予防できます。
当院では手遅れになる前に予防歯科をおすすめしております。歯周病の原因になる歯石の除去(スケーリング)などで、大切な歯の健康をお守りいたします。

また、当院では歯周病疾患の処置と歯科予防指導も行っております。
最近口臭が気になる…歯がぐらついて良く噛めないなど、歯周病でお悩みの方は、岡山の倉敷と総社市の歯医者「グリーン歯科」までお気軽にお問い合わせください。

グリーン歯科クリニック 岡山県倉敷市水江1イオンモール倉敷1F TEL:086-430-5188

診療科目:一般歯科・小児歯科・矯正歯科・インプラント・審美歯科・(ホワイトニング等)

診療時間
9:00~13:00 -
14:00~18:00 -

休診日日曜日・祝祭日

住所岡山県倉敷市水江1イオンモール倉敷1F

代表電話086-430-5188

グリーン歯科クリニック倉敷から以下の番号でお電話させていただく場合がございます。

ただし、上記電話は発信専用のため、おかけ直しの際は代表電話までお願いします。

山手グリーン歯科医院 電話番号0866-92-8148 お問い合わせはこちらへ

※山手グリーン歯科医院は、グリーン歯科クリニックの姉妹医院です。

カンブリア宮殿にて日吉診療歯科の熊谷先生が紹介されました。

2016年1月28日放送の「カンブリア宮殿」にて、当院を指導いただいている日吉歯科診療所の熊谷先生が紹介されました。
カンブリア宮殿のサイトはこちら

予防歯科治療のすすめ。日本人は治療のため、先進諸外国は予防のため受診する! お子様の虫歯予防管理について。グリーン歯科クリニックのむし歯予防プログラムでお子様を虫歯から守ろう! 糖尿病と歯周病。歯周病の治療と予防で生活習慣病の予防と改善を! フッ素で虫歯予防。むし歯に効果的!フッ素を使った虫歯予防のすすめ! グリーン歯科のホワイトニング。きれいで輝く歯を取り戻す!グリーン歯科のホワイトニング治療について レーザー治療とは?痛みが少ないだけじゃない。レーザー治療のメリットを紹介! グリーンくらぶのご案内。子どもの歯を守る会「グリーンくらぶ」に入りませんか?
女性のための審美歯科&ホワイトニングガイド