倉敷の歯医者「グリーン歯科クリニック」イオンモール倉敷

ホーム > 痛みに配慮した治療に努めます

治療の痛みを軽減するための
こだわり

治療中の歯科医師 お約束1

痛みの少ない治療に努めます

痛い治療をするのではないか…と
歯科受診を先延ばししていませんか?

当院は、歯医者に対する「痛い」「怖い」といったイメージを覆すべく、痛みに配慮し、患者様の負担を最小限に抑える治療に努めています。
何らかの症状が出ていても、「痛い治療が必要になるのではないか…」と、歯科受診を先延ばしにしてしまいがちかもしれません。「小さい時に歯医者で痛い思いをした」など、歯医者に対してネガティブなイメージをお持ちの方も少なくありませんが、近年は歯科医療が進歩して、以前よりも痛みを軽減できるようになっています。歯医者が苦手な方も、安心して受診していただきたいです。

麻酔の痛みへの対策

  • 表面麻酔で痛みを軽減します

    表面麻酔を塗ることによって、歯茎の感覚を麻痺させ、麻酔注射の針を刺した時の痛みを軽減できます。表面麻酔は、コットンや綿棒に麻酔薬を含ませて歯茎に塗るだけなので、ご安心ください。

  • 表面麻酔の様子
  • 電動の麻酔用注射器を
    使用しています

    麻酔注射が嫌われる原因には、針をさす痛みの他、麻酔液を注入する時にかかる圧力や違和感も挙げられます。当院では電動の注射器を使用しており、コンピュータ制御により一定の注入スピードを維持し、余計な圧力をかけない配慮をしています。

  • 電動麻酔注射器

表面麻酔で痛みを軽減します

表面麻酔の様子

表面麻酔を塗ることによって、歯茎の感覚を麻痺させ、麻酔注射の針を刺した時の痛みを軽減できます。表面麻酔は、コットンや綿棒に麻酔薬を含ませて歯茎に塗るだけなので、ご安心ください。

電動の麻酔用注射器を
使用しています

電動麻酔注射器

麻酔注射が嫌われる原因には、針をさす痛みの他、麻酔液を注入する時にかかる圧力や違和感も挙げられます。当院では電動の注射器を使用しており、コンピュータ制御により一定の注入スピードを維持し、余計な圧力をかけない配慮をしています。

痛みに配慮した虫歯治療のために

  • エルビウムヤグレーザーの活用

    エルビウムヤグ(Er:YAG)レーザーは、歯科医療で活用されているレーザーで、歯を削ることができる装置です。レーザーを警戒される患者様もいらっしゃいますが、当院で扱う装置は出力のコントロールなどにより痛みや負担の軽減を図れます。
    エルビウムヤグレーザーを活用することにより、痛みを軽減した虫歯治療が可能になるほか、虫歯になっている部分だけを取り除くことができるため、削る範囲を最小限に抑えられるというメリットがあります。

  • エルビウムヤグ(Er:YAG)レーザー先端部
  • 虫歯診断装置

    虫歯診断装置は、レーザー光を照射して視診やレントゲンでは確認できない歯質の変化を発見できる機器です。
    初期段階の虫歯は、肉眼では確認できなかったり、レントゲンでの診断が困難だったりする場合があります。当院では、経験や勘のみに頼るのではなく、専用の機器を用いて初期虫歯の見落としを防ぎ、適切な診断につなげています。

  • 虫歯診断装置

エルビウムヤグレーザーの活用

エルビウムヤグ(Er:YAG)レーザー先端部

エルビウムヤグ(Er:YAG)レーザーは、歯科医療で活用されているレーザーで、歯を削ることができる装置です。レーザーは警戒される患者様もいらっしゃいますが、当院で扱う装置は出力のコントロールなどにより痛みや負担の軽減を図れます。
エルビウムヤグレーザーを活用することにより、痛みを軽減した虫歯治療が可能になるほか、虫歯になっている部分だけを取り除くことができるため、削る範囲を最小限に抑えられるというメリットがあります。

虫歯診断装置

虫歯診断装置

虫歯診断装置は、レーザー光を照射して視診やレントゲンでは確認できない歯質の変化を発見できる機器です。
初期段階の虫歯は、肉眼では確認できなかったり、レントゲンでの診断が困難だったりする場合があります。当院では、経験や勘のみに頼るのではなく、専用の機器を用いて初期虫歯の見落としを防ぎ、適切な診断につなげています。

不安・恐怖心を軽減するために

  • 丁寧なカウンセリングを
    行っています

    治療に対して強く緊張していたり、不安を感じていたりすると、神経が敏感になりやすく、痛みを強く感じる可能性があります。
    当院は、治療についてカウンセリングで詳しくご説明し、患者様の疑問や不安にお答えしています。少しでも緊張や不安を取り除いて、安心して治療を受けていただきたいと思っています。

  • カウンセリングの様子
  • 笑気麻酔で不安や緊張を軽減して
    治療を受けられます

    歯科治療において主に局所麻酔が使用されていますが、局所麻酔だけでは、恐怖や不安、緊張を軽減できません。笑気麻酔には、鎮痛作用だけでなく鎮静作用もあるため、痛みと緊張・不安を感じにくくでき、治療のストレスを軽減することが可能です。
    全身麻酔とは異なり、速やかに麻酔の効果が消えるため、入院の必要はなく待合室でお休みいただいてからご帰宅いただけます。

  • 治療中の様子

丁寧なカウンセリングを
行っています

カウンセリングの様子

治療に対して強く緊張していたり、不安を感じていたりすると、神経が敏感になりやすく、痛みを強く感じる可能性があります。
当院は、治療についてカウンセリングで詳しくご説明し、患者様の疑問や不安にお答えしています。少しでも緊張や不安を取り除いて、安心して治療を受けていただきたいと思っています。

笑気麻酔で不安や緊張を軽減して
治療を受けられます

治療中の様子

歯科治療において主に局所麻酔が使用されていますが、局所麻酔だけでは、恐怖や不安、緊張を軽減できません。笑気麻酔には、鎮痛作用だけでなく鎮静作用もあるため、痛みと緊張・不安を感じにくくでき、治療のストレスを軽減することが可能です。
全身麻酔とは異なり、速やかに麻酔の効果が消えるため、入院の必要はなく待合室でお休みいただいてからご帰宅いただけます。

病気の治療が必要にならないことが大切です

歯医者に対して、「歯の治療をするところ」「痛くなったら行くところ」という認識をお持ちの方も多いかもしれません。しかし、予防のために、歯が痛くないうちに受診することが大切です。

病気の発生を防ぐ予防メインテナンスは、病気にならないこと、病気の治療が必要にならないことを目指します。そのことが、将来に多くの歯を残すことにつながります。
「毎日歯磨きをしているのに虫歯になる」という方は、もしかしたら適切な予防ができていないのかもしれません。ご自身のリスクを把握して、リスクに応じた予防を行うことが大切でしょう。

歯医者が苦手な方こそ、定期的に歯医者に通ってお口の健康づくりに努めていただきたいと思います。当院が、お口の健康パートナーとしてサポートいたします。

お知らせ

  •   2019.07.03
    【夏季休診のお知らせ】

    8月11日(日)~8月15日(木)まで休診とさせていただきます。

  •   2019.07.03
    【休診のお知らせ】

    7月18日(木)の午後は休診とさせていただきます。

  •   2019.04.04
    【GW休診のお知らせ】

    4月28日(日)~5月6日(月)まで休診とさせていただきます。