倉敷の歯医者「グリーン歯科クリニック」イオンモール倉敷

ホーム > 予防メインテナンス > 予防メインテナンスを始めよう

当院の
予防メインテナンスへの
取り組み

当院では、虫歯や歯周病にかかってはじめて治療を行うのではなく、これらの病気を未然に防ぐために予防メインテナンスに取り組んでいます。たとえ、虫歯や歯周病になってしまったとしても、治療後に予防メインテナンスを行うことが、再発を防ぎ、長期的なお口の健康維持につながります。
お口の健康を保つためには、患者様が毎日行うセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアの両立が非常に重要と考えています。そのため、当院では患者様のリスクに応じた予防を行うために、患者様一人ひとりに合った予防プログラムを立案し、メインテナンスを行っています。

予防メインテナンスの重要性

歯を失う2大原因といえば虫歯と歯周病ですが、この2つの歯科疾患は予防が可能です。セルフケアだけの予防に比べ、定期的なメインテナンスを併せて行うことで予防効果が高まることから、近年は「予防歯科」が一般的になってきています。病気が発症してから治療を行うのではなく、病気の発症を防ぐメインテナンスが注目されているのです。

特に、虫歯に気づかずにそのまま放っておいたり、軽度の歯肉炎を見逃してしまったりすると、歯の喪失リスクが高くなることから、歯科医院でのメインテナンスが重要となります。

当院では、MTMに基づいて歯科治療を進めています。クリーニングやお口のチェックを行うだけでなく、リスク(科学的根拠)に基づいたメインテナンスを行い、病気になりにくい口腔環境をつくっていきます。

MTMによる歯科疾患の予防

MTM(メディカルトリートメントモデル)は、初診からメインテナンスまでの診療の流れをモデル化したものです。当院では山形県酒田市の熊谷崇先生にMTMの指導を受けました。

オーラルフィジシャン認定時

熊谷先生は高い虫歯予防の実績で世界的に知られている歯科医師で、先生が理事長を務める日吉歯科診療所では、子供のころから診療所に通う患者様のうち8割が、MTMにより成人になっても虫歯がないということです。このことからも、MTMが虫歯や歯周病の予防に欠かせないということが分かります。

当院の松本院長は、日吉歯科診療所主催のセミナーで、MTMを実践するための専門的な知識や技術を学び、オーラルフィジシャン(Oral Physician)の認定を受けました。「口の中の医者」を意味するオーラルフィジシャンは、直接虫歯や歯周病の治療をするのではなく、発症や再発の予防を行います。

当院ではMTMについて広く知っていただくために、熊谷先生が紹介された番組のDVDの貸し出しを行っております。興味がある方は、お気軽にスタッフにお申し付けください。

予防メインテナンス

お知らせ

  •   2019.04.04
    【GW休診のお知らせ】

    4月28日(日)~5月6日(月)まで休診とさせていただきます。