倉敷の歯医者「グリーン歯科クリニック」イオンモール倉敷

ホーム > セラミック治療

審美性・機能性を兼ね備えたセラミック治療を

歯の機能性と審美性は、どちらも健康に毎日を過ごしていくうえで欠かせない要素であり、切っても切れない関係です。特に、口元の美しさはその人の印象を大きく左右するポイントなります。「銀歯が目立つ」「歯茎が黒ずんでいる」など、詰め物・被せ物へのお悩みは少なくありませんが、審美性の高い素材を使用して作り直すことも可能です。
岡山県倉敷市にあるグリーン歯科医院では、セラミック治療により審美性・機能性を回復し、お悩みを解消することはもちろん、口元に自信を持っていただきたいと願っています。

セラミック治療の種類

セラミック治療とは、セラミック(陶器)製の修復物を使った歯科治療のことを言います。保険が適用とならないため、保険治療に比べて費用が高くなってしまいますが、銀歯や被せ物の変色といった被せ物・詰め物のお悩みを解消することが可能です。

オールセラミック

クラウンやインレーなどの修復物に金属を使わず、セラミックのみを使用したものをオールセラミックと言います。
オールセラミックは、天然の歯と見比べても違いがわからないほどの審美性と、劣化・変色しにくいといった耐久性の高さが特徴です。
また、オールセラミックはプラークが付着しにくいことから、虫歯になりにくいという点もメリットの一つと言えるでしょう。

コンポジットレジン

歯の色に似た白い歯科用プラスチックをコンポジットレジンと言います。保険が適用されることもあり、虫歯治療において特に頻繁に行われているのがコンポジットレジンを用いた治療です。
金属を使用しないため金属アレルギーの心配がなく、歯が黒ずむこともありません。「現在、金属を入れている部分を白くしたい」「セラミックよりも費用を抑えて歯を白くしたい」とご希望される患者様におすすめしています。

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面を少しだけ削り、削った箇所に付け爪のようなシェルを張り付けることにより、歯の形や色を変える治療法です。上の前歯に対して行うのが一般的で、わずかに健康な歯を削らなければなりませんが、少ない治療回数で効果が得られるというメリットがあります。
ホワイトニングをしても白くなりにくい歯は、ラミネートベニアで白くすることが可能です。前歯の形や大きさ、前歯のすきっ歯を改善したい場合にも、ラミネートベニアにより治療を行う場合があります。

当院ではセレックシステムを導入しています

セレック

虫歯が原因で、歯にインレーやクラウンなどの修復物を入れなければならなくなった場合、その修復物に使用する素材にはさまざまな選択肢がありますが、できるだけ自分の歯に近い色で、精密度の高い修復物作製を可能にするのがセレックシステムです。

セレックはこのような方に
おすすめです
  • 治療期間をできるだけ短縮したい
  • アレルギーが心配なので、金属の使用を避けたい
  • 費用を抑えつつ、審美性や耐久性も重視したい
  • 銀歯を白くキレイな歯に変えたい

セレックシステムとは

セレック(CEramic REConstruction:セラミック修復)システムとは、歯の修復物を設計し、製作するためのCAD/CAMシステムです。

セレック治療は、光学カメラ撮影によって歯型のデータを採取できるため、従来のような歯型採取をせずにセラミック修復物を製作することも可能です。従来の方法に比べて修復物の精密度が高まるというメリットの他、費用を抑えられる、審美性の高い修復物を製作できるといったメリットが評価され、当院を含む多くの歯科医院で導入されています。

修復物を作る場合、型取りをしてから技工所に製作を依頼し、数日後に完成した修復物を装着する…というのが通常の流れですが、セレックシステムでは早ければ1日で修復物が完成するため、修復物装着までの期間を短縮することが可能です。

セレックシステムを使ったセラミック治療は、主に次のような手順で行われます。

セレックシステムによる治療の流れ
  • 病巣部を削り、歯の治療を行います。
  • 3D光学カメラで口腔内を撮影します。(数秒間でスキャン完了)
  • コンピュータの3D画面上で修復物を設計していきます。
  • 設計データをもとに、ミリングマシンと呼ばれる専用機器が修復物を製作します。(約15分)
  • 完成した修復物を装着します。

※口腔内スキャンから修復物装着までの工程は、約1時間で終了します。

セレック治療の
5つの特徴

セレック治療には、通常のセラミック治療に比べると、次のような特徴があります。

1. 治療期間の短縮が可能

通常は修復物の完成までに数日かかるところを、セレックシステムでは修復物の完成から装着までの工程が早ければ1日で完了します。そのため、完成までの期間を仮歯で過ごすこともありません。通院回数も少なくできます。

2. 審美性の高い修復物製作が可能

かつては、セレックの原料であるセラミックブロックのカラーバリエーションが少なく、色調が合わせにくいというデメリットがありましたが、近年ではセラミックブロック(歯の色)が増え、周囲の歯のよく馴染む修復物の製作が可能になっています。

3. 費用を抑えられる

通常の製作方法に比べると、セレックシステムを用いることによって歯科技工所に依頼する必要がなくなり、費用を抑えることができます。
※セレック治療は保険適用外となります。治療した箇所や大きさによっても費用は異なりますので、詳しくは当院へお問い合わせください。

4. 寿命が長い

シロナデンタルシステムズ株式会社の臨床研究データによると、通常のセラミックインレーの15年残存率は約7割、セレックシステムにより製作されたインレーは9割を超えていたという結果が報告されています。

5. 経年劣化しにくい

セレック治療に用いるセラミックブロックは、着色・変色しにくい特徴があります。劣化により歯と修復物との間に隙間ができると、その隙間に虫歯が発生してしまう(二次う蝕)可能性があるため、劣化しにくいということは、虫歯の再発予防にもつながると言えるでしょう。
また、金属を使用しないことから、歯茎の変色やアレルギーによる身体への負担も防ぐことができます。

関連診療項目