倉敷の歯医者「グリーン歯科クリニック」イオンモール倉敷
唾液編

お口の健康を維持する唾液の力

普段、生活している中で唾液について意識することは、ほとんどないでしょう。しかし、唾液にはお口の健康を守り、衛生環境を向上させる力があります。「虫歯になりやすい」「歯周病が心配」といった不安をお持ちの方は、唾液が持つ働きを知り、唾液の質を高めることが大切です。

唾液の意識を 唾液の意識を

普段、生活している中で唾液について意識することは、ほとんどないでしょう。しかし、唾液にはお口の健康を守り、衛生環境を向上させる力があります。「虫歯になりやすい」「歯周病が心配」といった不安をお持ちの方は、唾液が持つ働きを知り、唾液の質を高めることが大切です。

ホーム > グリーン新聞【唾液編】

虫歯歯周病からお口を守る
唾液のはたらき

唾液の働きというと、食べ物を消化する働きがよく知られています。しかし、唾液には多くの機能があり、食べ物の味をよく感じるのもその1つです。お口の衛生環境を守る働きもあり、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑えたり、粘膜を守ったりします。

唾液が持つ機能を始めとして、お口の健康を守る唾液の能力を高める方法などをご紹介します。

唾液の効果

唾液は99%以上が水分ですが、残りの1%に消化や免疫などにかかわる重要な成分が含まれており、その効果はお口の中だけでなく、身体全体にも影響を及ぼします。

健康な家族
健康な家族

消化作用

唾液中のアミラーゼがでんぷんを分解し、食べ物の消化を助けます。また、咀しゃくにより食べ物と唾液がよく混ざることで、飲み込みやすくもなります。

自浄作用

健康な成人は、1日に1~1.5リットルの唾液を分泌し、それによってお口の中の細菌や食べかすなどを洗い流します。

抗菌作用

唾液の中に含まれるリゾチームやラクトフェリンなどの物質が、細菌の活動を抑えます。自浄作用と共に、口腔内細菌が増えるのを防ぎます。

再石灰化作用

唾液中のカルシウムイオンやフッ素イオンなどが、食事で脱灰(細菌が歯を溶かすこと)が起きた歯の再石灰化を促し、虫歯の発症リスクを軽減します。

粘膜の保護作用

お口の中が乾燥すると、細菌感染や傷付くリスクが高まります。唾液の分泌はお口の中の潤いを保ち、歯や粘膜を守るために不可欠です。

修復促進作用

唾液には、上皮成長因子や脳由来神経栄養因子、神経成長因子といった様々な成長因子が含まれており、口腔内にできた傷の治りを促進する働きがあります。

唾液には多くの働きがあり、唾液の質や分泌量が低下することで虫歯や歯周病リスクが高まってしまいます。そして、唾液にはさらにもう一つ、重要な働き「緩衝能」があります。

緩衝能とは?

緩衝能とは、食事や間食によってお口の中が酸性に傾いた時に、中性に戻す作用のことです。お口の中がpH5.5以下の酸性状態になってしまうと、歯が溶け始めていきます(脱灰)。この脱灰が続いてしまうと、虫歯になりやすい口腔環境になってしまうので、とても重要な働きです。

唾液緩衝能を高めるために

唾液の緩衝能を高めるには、唾液の分泌量を増やすことが大切です。唾液は、よく噛むことで増加するので、よく噛んで食べたりガムを噛んだりすることも、分泌量の増加に繋がります。
また、唾液腺マッサージも効果的です。

耳下腺

指全体で耳の前あたりを、後ろから前へ円を描くようにマッサージします。

耳下腺

指全体で耳の前あたりを、後ろから前へ円を描くようにマッサージします。

顎下腺

下顎の骨の柔らかい内側の部分に指先を当てて、耳の下から顎の下までを軽く押し上げます。

顎下腺

下顎の骨の柔らかい内側の部分に指先を当てて、耳の下から顎の下までを軽く押し上げます。

舌下腺

顎の下を、揃えた両手の親指で押し上げてマッサージを行います。

舌下腺

顎の下を、揃えた両手の親指で押し上げてマッサージを行います。

※ 口腔ガン、咽頭ガン、唾液腺炎、不整脈などの症状がある方は、症状が悪化する可能性があるためお控えください。

唾液検査をもとに虫歯のリスクを把握し、
あなただけの予防プログラムを提案させていただきます

当院では、唾液検査(サリバテスト)により、一人ひとりで異なるリスクを割り出し、リスクに応じた予防プランを立案し、メインテナンスを進めていきます。 患者様によって、リスクは異なるため、必要なメインテナンスも違ってきます。科学的根拠に基づき、患者様に必要なメインテナンスをご提供し、効果的にお口の健康を守るサポートをいたします。 痛くなる前に、ぜひ当院へご相談ください。

お知らせ

  •   2021.07.14
    【Pick up】

    グリーン新聞『唾液編』 を掲載しました。

  •   2021.06.15
    【休診のお知らせ】

    6月21日(月)の午後(14時~)は休診とさせていただきます。
    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

  •   2021.06.15
    【お盆休診のお知らせ】

    8月12日~15日は休診とさせていただきます。
    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

  •   2021.06.09
    【Pick up】

    グリーン新聞『受診控え編』 を掲載しました。

  •   2021.04.16
    【Pick up】

    グリーン新聞『ホームホワイトニング編』 を掲載しました。

  •   2021.03.01
    【Pick up】

    グリーン新聞『矯正治療編』 を掲載しました。

  •   2020.12.18
    【休診のお知らせ】

    12月21日(月)の午後は休診させていただきます。
    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

  •   2020.12.08
    【年末年始の休診のお知らせ】

    2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)は、年末年始のお休みとさせていただきます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願いいたします。

  •   2020.08.04
    【夏季休診のお知らせ】

    8月13日(木)~8月16日(日)は夏期休診とさせていただきます。大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。8月17日(月)より平常通り診療致します。

  •   2020.08.03
    【予約日お知らせハガキ 廃止のお知らせ】

    2020年8月1日以降に来院された方の次回の予約日のご案内は、メール配信のみとさせて頂きます。ハガキでのご案内は、終了とさせて頂くことになりましたので、何卒お願い申し上げます。
    今後、メールでの予約の事前案内をご希望の方は、お早めにメールアドレスのご登録をお願い致します。

    現在すでにメールアドレスをご登録済みの方は、再登録の必要はございません。

  •   2020.07.30
    【Pick up】

    グリーン新聞『金属アレルギー編』 を掲載しました。

  •   2020.06.05
    【Pick up】

    グリーン新聞『メインテナンス編』 を掲載しました。

  •   2020.06.05
    【Pick up】

    グリーン新聞『誤嚥性肺炎』 を掲載しました。

  •   2019.12.23
    【年末年始の休診のお知らせ】

    12月28日(土)~1月3日(金)まで休診、4日(土)から通常診療とさせていただきます。

  •   2019.07.03
    【夏季休診のお知らせ】

    8月11日(日)~8月15日(木)まで休診とさせていただきます。

  •   2019.07.03
    【休診のお知らせ】

    7月18日(木)の午後は休診とさせていただきます。

  •   2019.04.04
    【GW休診のお知らせ】

    4月28日(日)~5月6日(月)まで休診とさせていただきます。