グリーン歯科クリニック

ホーム > 歯周病治療 - 歯や歯茎のお悩みを解決します

歯周病治療

歯周病治療に精通したスタッフが治療を担当します

歯周病は的確な診断・治療がされないままでは、歯の喪失を招きかねません。当院は歯周病治療の知識と技術に精通したスタッフのメインテナンスにより、症状の改善、再発予防をサポートします。「症状が改善しない」「再発を繰り返している」など、歯周病に悩まされている患者様はぜひご相談ください。

歯周病の予防から治療まで
当院におまかせください

「なかなか治らない病気」といわれている歯周病は、徹底した治療が必要なことから、歯周病や歯周病治療を熟知した歯科医師による治療が求められています。

グリーン歯科クリニックは
日本歯周病学会認定歯周病専門医が在籍します

院長

歯周病は、歯肉や歯槽骨などの歯周組織に炎症が広がる感染症の一種です。歯垢(プラーク)の中で繁殖した歯周病菌が出す毒素によって炎症が起こると、歯周組織が破壊されて、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。

特に、歯周病治療は、症状を軽減させる対症療法から、失った歯肉や骨を取り戻すための再生療法まで、多岐に渡る治療が求められることから、専門知識が大変重要なのです。

そのため、当院では歯周病治療に精通した松本院長が治療を担当し、患者様のさまざま歯周病に関するお悩みの解決に努めています。

歯周病は早期発見・早期治療で治る病気です

歯周病は、歯肉で炎症が起こる「歯肉炎」と、炎症が歯周組織にまで広がる「歯周炎」の2つに分けられます。一旦、歯周炎を発症し、歯肉の組織や骨が破壊されてしまうと、元の状態に戻すことはできませんが、軽度の歯肉炎ならば、治療の大きな効果を得ることは十分に可能です。

そのため、歯肉の赤みや腫れのような歯周病の初期症状を見つけたら、「そのうち治る」と高をくくらずに、早目に歯科医院を受診することをおすすめします。

歯周病専門医とは

グリーン歯科クリニックの松本院長は特定非営利活動法人日本歯周病学会認定の歯周病専門医です。

歯周病専門医とは、特定非営利活動法人の日本歯周病学会の認定を受けた歯科医師です。まずは、3年間研修を受けた後、認定医試験に合格し、さらに2年間の研修を経て、専門的な試験に合格することで、はじめて歯周病専門医としての認定を受けることができます。

さらに、歯周病専門医は、歯科医師の専門性の基準を満たしているとして、厚生労働省から広告を認められた唯一の歯周病に関する資格でもあります。

歯周病治療の3つのポイント

歯周病の症状を改善するためには、次のような3つのポイントが重要となります。

1.基本治療

歯周病の治療の基本となるのが、細菌が繁殖する歯垢(プラーク)の除去です。主に、次のような方法でプラークコントロールを行います。

2.外科治療

歯周病の外科治療には、歯根面の汚れを除去するフラップ手術のほか、破壊された歯周組織の再生手術や歯肉の移植手術などがあります。

3.薬物治療

基本治療を行っても歯周病の症状が改善されない場合、炎症を抑えるための抗生物質などを使った薬物治療を行います。

歯周病を予防するには?

歯周組織の細菌感染を防ぐためには、毎日の歯磨きで食べかすや歯垢をしっかりと落とすことが重要です。しかし、歯磨きだけでは汚れを落としきることができないため、定期的に歯科医院でプロの手による歯のクリーニングを行う必要があります。

特に、歯周病の場合、年齢が進むにつれて発症する割合が高くなるため注意が必要です。また、タバコを吸っていると悪化しやすく治りにくいほか、歯周病になっていても症状が現れにくいことから「隠れ歯周病」という方も少なくありません。

このように、歯周病はホームケアによる予防が難しく、年齢や生活習慣によってリスクが異なることから、たとえ出血や痛みなどの自覚症状がなくても、3~6ヶ月に一度は歯医者で歯のメインテナンスを受けることが、最終的に歯周病の予防につながります。

歯周病治療