倉敷の歯医者「グリーン歯科クリニック」イオンモール倉敷

ホーム > 科学的根拠に基づく診断・治療

客観的な臨床データに基づいた
治療をご提供します

治療中の歯科医師 お約束3

科学的根拠に基づく診断・治療

従来の経験や勘に頼った治療でなく、
根拠に基づく的確な治療に努めます

従来の治療は、歯科医師の経験や勘に頼って行われていた部分が多くありました。しかし、近年は歯科医療における治療技術や機器が進歩し、勘や経験に頼っていた部分を可視化し、客観的な臨床データを元に診断・治療が行えるようになっています。

医師の治療経験は大切ですが、医師の主観だけに頼った治療であってはならないと考えています。検査データや学会・セミナーにより収集した研究データなどを分析することで、より正確性の高い診断が可能になります。

当院は、治療経験を積むことはもちろん、経験におごることなく、科学的根拠に基づく診断・治療に努めています。

お口の中を正しく把握することが大切です

歯科用レントゲンで写真を撮ってる女性歯科衛生士

単に目で見ただけでは、的確な治療を行うことはできません。歯はとても小さいため、目視では異変に気付けない場合もあるでしょう。

歯にかかる負担を抑えたり、正しい噛み合わせに調整したり、歯科診療においてミクロン単位の精密さが求められる場面はたくさんあります。患者様がその違いに気付く事は難しいのですが、だからこそ見えない部分にこだわり、より精密度や確実性の高い治療に努めています。

お口の中を正しく把握できるよう十分な検査を行い、目に見えない部分も可視化して、科学的根拠に基づいて治療を進めていきます。

目に見えない細菌も可視化

サリバテスト用に唾液をとる女性

当院で行う予防診療は、単にクリーニングを行うだけではありません。目に見えない小さな細菌の種類・数を把握し、そのリスクに応じてメインテナンスを行います。
口の中の細菌数が多い方、唾液の分泌量が少ない方、虫歯になりやすい原因はさまざまです。「虫歯になりやすい」と自覚していても、その原因を把握していない方が多いというのが実情です。
当院は、虫歯のリスクを可視化し、科学的根拠に基づいたメインテナンスを行っていきます。予防効果を高め、患者様のお口の健康を長期的に守っていきたいと願っています。

細かな歯根も拡大視野下で治療

歯科用マイクロスコープ

微細な根管内部や歯周ポケット内は目視で確認ができないため、従来は手探りで行われていました。しかし、近年はマイクロスコープの使用により、拡大視野を獲得し、確認しながら治療を行えるようになっています。
当院では、精密度の高い治療提供を目指し、マイクロスコープを導入し、幅広い診療に活用すべくトレーニングを積んでまいりました。
単に痛みをとったり、歯をキレイにするだけの治療ではなく、精密度にこだわり、長期的に歯を守る治療提供に努めます。

常に新しい臨床データの収集に努めます

常に歯科医療は進歩しているため、患者様に適切な治療をご提供するためには、常に学び、研鑽に努めることが大切です。
当院は科学的根拠に基づく治療に努めておりますが、その臨床データを常にアップデートし続けることが必要だと考えています。そのため、積極的に学会・セミナーに参加して研究やデータの収集に努めています。

もちろん、収集したデータを活用するため、必要な検査機器等の導入にも努めてまいります。より的確な治療提供に向けて、妥協せず取り組んでまいります。

お知らせ

  •   2019.07.03
    【夏季休診のお知らせ】

    8月11日(日)~8月15日(木)まで休診とさせていただきます。

  •   2019.07.03
    【休診のお知らせ】

    7月18日(木)の午後は休診とさせていただきます。

  •   2019.04.04
    【GW休診のお知らせ】

    4月28日(日)~5月6日(月)まで休診とさせていただきます。