倉敷の歯医者「グリーン歯科クリニック」イオンモール倉敷
歯周病と認知症編

歯周病が認知症の発症・進行の原因に!専門的な治療・予防が推奨されます認知症発症に影響!?歯周病対策は専門的な治療・予防を

歯周病は、脳血管疾患や心疾患、糖尿病などの全身疾患と深く関係していますが、認知症の発症原因にもなることが、研究によって明らかになりました。
歯周病は、「国民の7割がり患している」とも言われる国民病ですが、お口の健康を守るため、そして、全身の健康や健康寿命を延ばすために、徹底して予防すべき病気でもあります。

認知症対策にも歯周病ケアを 認知症対策にも歯周病ケアを

歯周病は、脳血管疾患や心疾患、糖尿病などの全身疾患と深く関係していますが、認知症の発症原因にもなることが、研究によって明らかになりました。
歯周病は、「国民の7割がり患している」とも言われる国民病ですが、お口の健康を守るため、そして、全身の健康や健康寿命を延ばすために、徹底して予防すべき病気でもあります。

ホーム > グリーン新聞【歯周病と認知症編】

そもそも、
認知症が発症する原因は?

そもそも、
認知症が発症する原因は?

認知症には種類があり、7割を占めるのが「アルツハイマー型認知症」です。アルツハイマー型認知症は、脳が委縮して認知機能が低下することによって、さまざまな症状を引き起こします。

この脳の萎縮を引き起こすのが、「アミロイドβ」というたんぱく質なのですが、通常は異物として分解されて排出されます。しかし、何らかの理由で脳内に蓄積されてしまうと、情報伝達を妨げ、脳の機能を低下させてしまうのです。ひどくなると、脳細胞を死滅させてしまいます。

アルツハイマー型認知症への
歯周病による関与

九州大学の武洲准教授らのマウスを使った研究で、歯周病菌(Pg菌)によって誘発される「カテプシンB」という酵素が「アミロイドβ」の生成・蓄積を促進するしくみが明らかになりました。

アルツハイマー型認知症の原因は「アミロイドβ」であることは、以前からわかっていましたが、アミロイドβが蓄積される原因は明確になっていませんでした。また、歯周病が関係していることも、多くの研究によって明らかになっていたのですが、歯周病が認知症の発症・進行を促進する、メカニズムはこの度報道された、九州大学らの研究によって初めて明らかになったのです。

歯周病がアルツハイマー型認証の原因となる理由図解

特に中年以降は
歯周病に注意が必要です

この研究は若年・中年のマウスを使用して行われましたが、若年マウスで脳機能の低下は見られず、中年マウスにのみに症状が発症しました。
年齢に関係なく歯周病予防が必要ですが、中年と言われる40代以降は特に、認知症予防のためにも、徹底した歯周病予防が必要です。

中年男性・歯周病

歯周病の適切な治療、
予防が認知症を防ぎます

歯周病は初期症状に気付きにくく、気付かないうちに進行してしまいます。症状に気付く頃には、歯周病が進行していることも珍しくありません。
歯周病が進行するほど、全身を巡る原因細菌も多くなり、認知症のリスクも高まる事が考えられることから、歯周病を発症させないことはもちろん、進行させないように適切な治療を受けることが大切です。

当院の歯周病治療

当院は、日本歯周病学会認定 歯周病専門医が治療に当たっています。また、同学会の認定歯科衛生士を取得した8名の衛生士が在籍し、メインテナンスを行っています。
歯周病は、国民病と言われるほど一般的な病気ではありますが、進行すると抜歯が必要になるほか、認知症をはじめとする全身疾患の発症リスクを高めるため、専門性の高い治療が求められると言えます。

グリーン歯科クリニック歯科衛生士

当院は、精密性の高い基本治療はもちろん、薬物治療・外科治療により、再発・進行を食い止め、歯を守り、全身の健康を守ってまいります。

基本治療

スケーリングやルートプレーニングによって、ご自身では除去できないプラークを取り除いて、症状を改善します。

歯周外科治療

歯根に付着した歯石を除去する「フラップ手術」、歯周病により破壊された骨の「再生手術」、歯肉の移植手術などを行います。

薬物治療

基本治療を行っても症状が改善されない場合に、抗生物質などを使った薬物治療を行います。歯周病菌を効果的に減らせます。

当院の歯周病治療を詳しく見る

リスクに応じたメインテナンス

当院は、MTM(メディカルトリートメントモデル)を導入しており、一人ひとりの患者様のリスクに応じたメインテナンスをご提供しています。

精密性の高い基本治療はもちろん、薬物治療・外科治療により、再発・進行を食い止め、歯を守り、全身の健康を守ってまいります。

シニア男女歯磨き

リスク検査

検査を行い、一人ひとりのリスクに応じた予防プログラムを立案します。

診療情報データ化

検査結果や治療内容をデータ化し、予防プログラムに反映します。

ホームケア指導

ホームケア指導でセルフケアの質を高めるほか、生活指導により予防効果向上につなげます。

当院のメインテナンスを詳しく見る

お気軽にご相談ください

歯周病は初期段階で、自覚できる症状が現れないため、歯周病の発症に気付いていない方もいるかもしれません。以下に当てはまる場合には、早めの受診をお勧めしています。お気軽に当院へご相談ください。

歯周病チェック

3つ以上該当する方は、早めの受診をおすすめします。

  • 口臭を指摘された
  • 歯茎がむずがゆい
  • 歯間に食べ物が挟まりやすい
  • 歯茎が浮いた感じがする
  • 冷たいものがしみる
  • 歯を磨くと出血する
  • 朝、口の中がネバネバする
  • 歯茎を押すと血や膿が出る
  • 歯茎が腫れている

お知らせ

  •   2020.08.04
    【夏季休診のお知らせ】

    8月13日(木)~8月16日(日)は夏期休診とさせていただきます。大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。8月17日(月)より平常通り診療致します。

  •   2020.08.03
    【予約日お知らせハガキ 廃止のお知らせ】

    2020年8月1日以降に来院された方の次回の予約日のご案内は、メール配信のみとさせて頂きます。ハガキでのご案内は、終了とさせて頂くことになりましたので、何卒お願い申し上げます。
    今後、メールでの予約の事前案内をご希望の方は、お早めにメールアドレスのご登録をお願い致します。

    現在すでにメールアドレスをご登録済みの方は、再登録の必要はございません。

  •   2020.07.30
    【Pick up】

    グリーン新聞『金属アレルギー編』 を掲載しました。

  •   2020.06.05
    【Pick up】

    グリーン新聞『メインテナンス編』 を掲載しました。

  •   2020.06.05
    【Pick up】

    グリーン新聞『誤嚥性肺炎』 を掲載しました。

  •   2019.12.23
    【年末年始の休診のお知らせ】

    12月28日(土)~1月3日(金)まで休診、4日(土)から通常診療とさせていただきます。

  •   2019.07.03
    【夏季休診のお知らせ】

    8月11日(日)~8月15日(木)まで休診とさせていただきます。

  •   2019.07.03
    【休診のお知らせ】

    7月18日(木)の午後は休診とさせていただきます。

  •   2019.04.04
    【GW休診のお知らせ】

    4月28日(日)~5月6日(月)まで休診とさせていただきます。