グリーン歯科クリニック

ホーム > 最高レベルの滅菌・衛生管理を行っています

お約束7

最高レベルの滅菌・衛生管理を行っています

患者様には見えない部分だからこそ、徹底的にこだわっています

岡山県倉敷市のグリーン歯科では、「自分自身が治療を受けたいと感じる歯科医院」を目指して、さまざまな取り組みを行っています。その中の取り組みのひとつとして重要なのが衛生管理の徹底です。
患者様に安心・安全な歯科治療を受けていただくためには、スタッフ一人ひとりが院内感染や二次感染を防ぐ環境づくりに尽力することが欠かせません。

歯医者によって衛生管理が違うのをご存知ですか?

以前、国立感染症研究所などの研究チームが行った歯科医院の衛生管理の調査で、約7割のクリニックがタービン(歯を削るドリルのついた器具)の柄を使い回していると回答したというニュースが報道され、大きな問題となりました。

タービンは歯を削る治療に使用する器具で、柄の部分に直接歯が触れることはありませんが、飛び散った唾液や血液が付着しやすいため、患者様ごとに滅菌しなければ感染のリスクが高まります。

当院では、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)やタービン専用滅菌器、薬液消毒、超音波洗浄により、それぞれの器具の特性に適した方法で滅菌・消毒処理を行っています
タービンは必ず患者様ごとに専用機器で滅菌し、院内感染・二次感染の予防を徹底しています。

歯医者によって、衛生管理の取り組み方は違っています。患者様からは見えない部分だからこそ、そこにこだわり安心・安全の治療に努めることが大切だと考えています。

当院の滅菌・衛生管理へのこだわり

治療器具に応じて最適な滅菌・消毒を行います

高圧蒸気滅菌器

洗浄器やオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を使用して、治療器具に応じて最適な衛生管理を行っています。滅菌により確実に器具に付着した細菌やウイルスを取り除くには、滅菌前の洗浄をしっかり行うことも大切です。すべての工程において、徹底して行っていますのでご安心ください。

滅菌した治療器具は使用直前に開封します

バキューム・ミラー・探針・ピンセットなどの器具は、患者様ごとに滅菌パックに入れ、滅菌したものを用いて治療に使用します。使用する直前に患者様の目の前で開封しています。
また、器具以外にも、ガーゼ、綿、ロール綿も滅菌処理を施し、感染防止に努めています。

できる限りディスポーザブル製品を採用しています

「ディスポーザブル」とは「使い捨て」という意味です。当院では、紙コップ・紙エプロン・グローブなど、滅菌器を使用できないものにはディスポーザブル製品を採用し、患者様一人ひとりの治療が終わるごとに廃棄しています。常に清潔で新しいものを使用するため、院内感染の予防につながります。

なお、グローブはニトリルグローブを使用しておりますので、ラテックスアレルギーをお持ちの方も安心して治療を受けていただけます。

診療室の空気も衛生的であるように努めています

歯科用フリーアームバキューム

院内感染を徹底的に予防するには、診療室の空気も衛生的である必要があります。口腔外バキュームや空気清浄機を設置し、衛生的な空間の維持に努めています。
口腔外バキュームは、空気中の有害な浮遊物を吸引でき、感染リスクを減らす効果があります。歯を削ると、歯や金属の粉塵、血液、唾液などが飛び散る場合がありますが、これらを患者様の口元で吸い取ってくれるのです。

お知らせ

  • >  2017.08.06 スタッフコラム
    おかやま桃太郎祭りを追加しました。
  • >  2017.08.07 <夏季休診案内>
    夏季休暇 / 8月11日(金)~15日(火)
  • >  2017.07.14 グリーン歯科ニュース
    本日のお花を追加しました。
  • >  2017.05.02 スタッフコラム
    家族旅行を追加しました。
  • >  2017.04.24 スタッフコラム
    クラシックコンサートを追加しました。
  • >  2017.01.13 スタッフコラム
    家族旅行を追加しました。
  • >  2016.12.12 スタッフコラム
    愛犬を追加しました。
  • >  2016.11.14 スタッフコラム
    ホラーナイトを追加しました。