グリーン歯科クリニック

このようなお悩みはありませんか? - お悩み別治療法

ホーム > このようなお悩みはありませんか?

このような歯の悩みは
グリーン歯科クリニックが解決いたします

虫歯になりやすい

「虫歯になりやすさ」は、人によって違います。お口の中の細菌の数、歯の質、唾液の分泌量など…お口の中の環境によって、虫歯になりやすさは違ってくるのです。
そのため、効果的に虫歯を防ぐには、「虫歯になりやすい理由」を把握することが必要になります。

もう虫歯になりたくない人

そもそも虫歯の原因は??

虫歯の根本の原因は、プラーク内に存在する細菌です。しかし、虫歯の発生にかかわる要因は他にもあり、さまざまな要因が複雑に関係して虫歯が発生しています。
そのため、口の中の細菌はもちろん、その他の要因(リスク)が複数重なると虫歯が発生しやすくなってしまいます。

お口の中の細菌を減らすことはもちろん、虫歯の発生にかかわるリスクを減らすことが大切です。

グラフ1

お口の中について知ることが効果的予防の第一歩!

「虫歯になりやすい」という方は、まずはご自身のお口の中の環境について正しく把握することが大切です。自分のリスクを把握することで、効果的な予防方法が明確になります。

当院では、唾液検査などの検査により、細菌レベルで効果的な虫歯予防法をご提案しています。ご自身のリスクに合ったオーダーメイドの予防が可能になります。
病気のリスクが違えば、効果的な予防法も違います。患者様のお口の中の健康を守っていくために、科学的根拠に基づく予防法をご提案し、専門的メインテナンスをご提供しています。

「予防メインテナンス」をもっと詳しく

口臭が気になる

口臭が気になる人

口臭が気になる方には、「胃が悪いのではないか」など、全身疾患を疑う方も少なくないかもしれません。
しかし、口臭の原因の8割は口の中にあるとされていて、歯周病舌苔(舌の汚れ)がその大部分を占めます。口臭が気になるならば、まずはお口の中の原因を疑って、一度歯科を受診することをおすすめします。

舌苔が原因の口臭

舌苔とは、舌の汚れです。舌苔は、卵が腐ったようなにおいとも例えられる「硫化水素」を多く発生するため、不快なにおいの原因となります。
舌苔の付きやすさは、人によって違い、体調や時間帯なども影響しています。口臭の原因が舌苔の場合、舌苔を除去して、舌を清潔に維持することが必要です。

舌の清掃を、歯ブラシでゴシゴシと行ってしまう方も多いのですが、舌の表面は大変デリケートです。そのため、舌の表面を傷つけてしまう可能性もあり、注意が必要です。
舌清掃専用のブラシ(舌ブラシ)も販売されていますが、舌苔の除去とともに、お口の中の細菌を減らすことも大切となってくるため、ブラッシングを含め専門家の指導を受けることをおすすめします。

当院では、専門的な知識を身に付けたスタッフが、適切な舌のケアやブラッシング方法をご指導しています。ぜひご相談ください。

歯周病が原因の口臭

歯周病は、自覚できるような初期症状がなく、気付かないうちに進行してしまうため「サイレントディジーズ」とも呼ばれています。
歯周病の患者様のお口から、高い濃度のメチルメルカプタンが検出されることがわかっていますが、口臭の原因となる物質メチルメルカプタンのニオイは、「腐った玉ねぎのようなニオイ」とも言われています。

口臭を指摘されて歯周病に気付く方も多いです。自覚できるような症状がなくても、歯周病を疑って、一度検査を受けることをお勧めします。
当院は、歯周病専門医が在籍しており、高度な歯周病治療をご提供しています。歯周病は進行性であり、自覚症状がありません。口臭が歯周病のサインとなっている可能性もあるため、一度検査を受けておくことをおすすめします。

「専門医による高度歯周病治療」をもっと詳しく

子供虫歯が心配

子供の歯並びが心配

乳歯は虫歯になりやすく、進行しやすい特徴があります。そのため、乳歯が生えてきたら、早めの虫歯予防が大切です。
お口の健康は、お子様の健やかな成長に欠かせません。乳歯の虫歯による悪影響は多岐に渡るため、虫歯にならないように適切にサポートしてあげることが大切でしょう。

乳歯の虫歯の悪影響
  • 歯並び
  • 発音
  • 顎の成長
  • 顔の形
  • 栄養バランス(偏食)
  • 永久歯の虫歯

子供の虫歯予防ってどうやったら良いの?

お子様の虫歯予防をどのように行ったら良いのか、わからないという保護者の方も多いです。お子様の虫歯予防について、このようなお悩みはありませんか?

  • 子供が仕上げ磨きを嫌がってしまう
  • 甘いものを食べたがる
  • きちんと歯磨きできているのかわからない

当院では、虫歯などの問題が発生していないか、お口のチェックをするのはもちろん、お口の健康づくりのサポートを行っています。
ブラッシング指導食事(間食)の指導フッ素塗布といったお口の健康づくりを通し、お子様の健やかな健康をサポートしたいと思っています。

「お子様向けの予防プログラム」をもっと詳しく

乳歯が虫歯になってしまったら…

乳歯の虫歯は治療が必要です。乳歯は進行しやすいため、放置してしまうと重症化してしまう可能性があります。

「乳歯は生え変わるからいいや」と考える方も少なくありませんが、乳歯の虫歯が永久歯や永久歯列に影響する場合があります。お子様の将来のお口の健康に悪い影響を与えないように、乳歯の虫歯も適切な治療を受けることが大切です。

初期段階の虫歯ならば、進行止め(塗り薬)を使用し、歯を削ったりはしません。虫歯に気付いたら、早めの受診をおすすめします。

「小児歯科」をもっと詳しく

をできるだけ
残したい

歯の治療には、元に戻せない(不可逆的な)治療が多くあります。歯を削ったり抜いたりしたら、元の健康な状態に戻せません。
だからこそ、当院では、できるだけ「削らない」「抜かない」治療を心がけています。

歯が痛い人

歯へのダメージを最小限に抑えて治療を行います

歯を削ったら詰め物や被せ物をして、機能を回復させますが、さらに病気が発生する可能性が高くなります。治療済の歯は、病気が再発するリスクが高くなってしまうのです。
最初は小さな虫歯でも、再発を繰り返しているうちに重症化してしまい、最終的には歯の喪失を招いてしまいます。病気の再発予防も大切ですが、治療による歯のダメージ(侵襲性)を最小限に抑えることも、歯を将来に残していくために大切だと考えています。

患者様の将来を考えた治療を行っています

痛みのある歯を治療しただけでは、根本の原因は残ったままです。病気になってしまった、根本の原因を取り除かなければ、さらに病気が発生する可能性があるでしょう。
患者様の将来のお口の健康をサポートするため、将来を見据えた治療をご提供しています。

当院がご提供している予防治療は、起こり得るリスクを把握して、将来の病気の発生を予防することを目標として進めます。
「削らない」「抜かない」低侵襲性治療はもちろん、定期的なメインテナンスを通して、病気の発生を防ぎお口の健康を維持していきます。将来にできるだけ歯を残していけるようにお口のパートナーであり続けたいと願っています。

当院がご提供する
「予防プログラム(MTM)」

もっと詳しく

痛い

銀歯を白くしたい人

「歯が痛いから虫歯かな…」と考える方も多いでしょう。しかし、歯が痛くなる原因には、虫歯のほか、知覚過敏もありますし、歯の周囲の組織に炎症が起きている場合にも歯が痛いように感じる場合があります。
いずれにしても、進行性の病気が原因となっている可能性も高いため、早めの受診が必要です。

歯の病気は自然に治りません

歯の痛みがあっても、放置してしまう人が多いです。しかし、虫歯や歯周病など、お口の中の病気は進行性であり、自然に治ることはありません
もちろん、虫歯も歯周病も極初期段階ならば、適切なプラークコントロールで治る場合もあります。しかし、痛みが出ているということは、ある程度進行している可能性が高く、早めの治療が必要です。

虫歯は再発します

一度削って詰め物や被せ物をした歯も、虫歯になります。また、健康な歯よりも治療済の歯の方が、虫歯が再発するリスクが高く、重症化しやすいです。

「一度治療したのに…」という患者様も多いのですが、治療が終わったからといって、ケアを怠ってしまうとさらに虫歯になってしまいます。
治療が終わって安心するのではなく、治療後の健康な状態を維持できるように、セルフケアだけでなく、歯科医院のメインテナンスを受けることが大切です。

治療の痛みが心配な方へ

歯科治療に対して、「痛い」「怖い」というイメージをお持ちの方が多いです。しかし、近年は歯科医療が進歩して、痛みの少ない治療が可能になっています。

「麻酔の注射が苦手」という方も多いですが、表面麻酔(塗り薬)電動麻酔注射器の使用により、痛みを抑えて麻酔ができます。
また、従来はドリルで削る必要があったものが、レーザーを用いることによって、痛みはもちろん、歯のダメージを最小限に抑えて治療ができるようになっています。

歯医者で「嫌な思いや痛い経験をしたことがある」という方は多いかもしれません。しかし、そのイメージを覆すべく、当院は痛みを配慮した治療をご提供し、スタッフ一同おもいやりの心を持って対応させていただいています。

「痛みの少ない治療」をもっと詳しく

歯茎からが出る

歯茎から血が出る人

歯磨きの時に、歯茎から血が出たことはありませんか?
「ブラッシング圧が強い」ということも歯茎からの出血の原因となりますが、歯茎から出血があるということは、歯茎に炎症が起きている可能性があります。

歯茎の炎症は放置してはいけません

「痛くないから大丈夫」と、痛くなるまで歯医者に行かず、病気に気付いていても放置してしまう人が多いです。
しかし、歯茎の炎症は歯周病の症状の一つです。歯周病は、進行するまで痛みなどの自覚しやすい症状が現れないため、進行させやすく注意が必要な病気です。
歯茎からの出血は、歯周病のサインかもしれません。早めの受診をおすすめします。

「歯周病の症状」をもっと詳しく

歯周病で全身疾患リスクが高まることも…

歯周病は多くの歯を失うこともある、恐ろしい病気です。しかし、その悪影響は口の中に留まりません。歯周病の原因細菌は、血液に乗って全身に回り、糖尿病や動脈硬化をはじめとする全身疾患リスクを高めるのです。

お口の健康をお口の中だけの問題と捉えている人も少なくありませんが、お口の健康は全身の健康や健康寿命にも大きく影響します。
歯周病は、「国民の8割が歯周病」などと言われ、国民病とも言われている病気です。「自分は大丈夫」と思わずに、何らかの症状がある場合には早めの受診が進行を防ぎ、将来の健康維持につながります。

「歯周病の全身への悪影響」をもっと詳しく

歯並びがデコボコ

歯並びがデコボコの人

歯並びが気になって、「歯を見せて笑えない」「口元に自信が持てない」という方は珍しくありません。歯並びが悪いことは、見た目への影響だけではなく、さまざまな影響が懸念されます。

 虫歯・歯周病になりやすい

口の中が不衛生になりやすく、病気のリスクが高くなります。

 発音が不明瞭になる

サ行やタ行がうまく言えないなど、発音に影響します。

 うまく噛めない

脳の働きや胃腸に影響します。運動機能への影響も懸念されています。

 顎関節症になりやすい

顎関節に負担がかかりやすく、顎関節症のリスクが高まります。

 への影響

自信を持てない、積極的になれない、などの影響が出る場合もあります。

「子供の頃に矯正すれば良かった…」と後悔している方へ

矯正治療は、大人になってからでも受けられます。子供の頃(成長期)に治療を行うメリットもあるのは事実ですが、何歳でも歯並びを治せます

また、大人になってからの矯正治療は、本人の意識が高い(協力的である)ため、治療効果が出やすいというメリットもあります。
矯正治療に年齢制限はありません。ぜひ一度ご相談ください。

「矯正治療」をもっと詳しく

白くしたい

歯を白くしたい人

歯の白さで、見た目の印象が大きく違ってきます。歯が黄ばんでいると、老けて見えたり、不潔に見えてしまったり、印象は良くありません。また、金属の詰め物や被せ物は、口を開けた時に目立ってしまい、見た目に大きく影響してしまします。

近年は、歯の白さを維持することが、身だしなみの一つにもなっています。当院では、女性だけでなく、営業職や接客業の男性からの相談も多くなっています。

自分の歯を白くする方法

ホワイトニングの効果

歯の黄ばみ・着色の原因となる汚れが、歯の表面のみである場合、クリーニングを行うことでご自身の歯の白さに戻すことが可能です。

しかし、着色の影響が歯の内部にまで沈着している場合には、ホワイトニングを行うことで歯を白くできます。クリーニングは、歯の表面にしか作用しませんが、ホワイトニングは歯の内部にまで作用するため、もともとの歯の色よりも白くすることも可能です。

「ホワイトニング」をもっと詳しく

銀歯を白くする方法

金属の詰め物や被せ物、または、変色してしまった保険のプラスチックが気になる場合は、天然歯のような審美性の高い詰め物・被せ物に変えることが可能です。
当院は、「セレックシステム」を導入しており、精度が高く、審美性の高い修復物を短期間で作成することが可能です。

銀歯の悪影響は見た目だけではありません

銀歯は、見た目が良くないだけでなく、次のような悪影響が懸念されます。

  • 銀歯の下で虫歯が再発しやすい
  • 金属が溶け出して歯茎の着色の原因になる
  • 金属アレルギーの原因になる

「過去の治療で銀歯を入れて後悔している」という方は多いです。しかし、セラミック治療により、自分の歯のような審美性を取り戻すことが可能です。

「セラミック治療」をもっと詳しく

お知らせ