グリーン歯科クリニック

お子様が安心して受けられる治療を目指して - 小児歯科

ホーム > 小児歯科

小児歯科とは?

当院の子供の
虫歯予防への取り組み

子供

小児歯科は歯科における診療科目のひとつであり、子供を対象とした歯科治療・保健指導を中心に行っています。

子供の虫歯は大人の歯と比べて虫歯になりやすく、重度の状態に至りやすい傾向にあります。「乳歯はいずれ生え変わるから虫歯になっても心配ない」と楽観視していると、これから生えてくる大人の歯にまで悪影響を及ぼす可能性があるのです。

子供の歯を守るためには、日頃から予防ケアの徹底と早めの治療を心掛けることが大切です。

子供の歯と大人の歯の
構造の違い

幼少期に初めて生えてくる歯を乳歯、乳歯が抜け落ちた後に生えてくる歯を永久歯と言いますが、これらの2つの歯の構造は同じようでいて異なります。

子供の歯大人の歯

歯の表面にはエナメル質という組織があり、エナメル質の下には象牙質、さらに下には歯髄と呼ばれる歯の神経や血管などの組織が存在します。乳歯は永久歯と比べてエナメル質と象牙質が薄いため、酸に弱く虫歯が進行しやすいという特徴があるのです。

また、永久歯であっても乳歯から生え変わったばかりの歯の場合、エナメル質の石灰化が不十分な状態ですので、乳歯と同様に虫歯リスクが高い傾向にあります。このことから、子供の歯は総じて虫歯になりやすく、入念なケアが必要であると言えます。

乳歯が虫歯に
なることによる悪影響

乳歯には、正しい発音をする、食べ物を噛む、永久歯が生える場所の目印となる、顎の発育をサポートするといった重要な役割があります。

乳歯が虫歯になると、食べ物をしっかりと噛むことができず偏食の原因となるほか、噛めないことで唾液の分泌量が減り、栄養の吸収が悪くなる恐れがあります。さらに、歯並びが悪くなったり、永久歯が虫歯のまま生えてきたりと、乳歯の虫歯は後から生えてくる永久歯にまで悪影響を及ぼすこともあります。
将来、お子様が長きにわたり健康な歯を維持していくためには、乳歯からの虫歯対策が重要なカギとなるのです。

乳歯の虫歯による
デメリット
  • 偏食になる
  • 栄養不足に陥る
  • 永久歯の歯並びが悪化する
  • 永久歯が虫歯になる
子供の歯で
虫歯になりやすい部位

子供の歯の中でも、特に虫歯になりやすいのが以下の部位です。

  • 上顎の前歯の間・歯の付け根
  • 奥歯と奥歯の間
  • 奥歯の溝
  • 6歳臼歯

6歳臼歯(第一大臼歯)とは、6歳前後に初めて生えてくる永久歯のことです。6歳臼歯は完全に生えきるまでに時間がかかるため、清掃が行き届きにくく、虫歯になりやすい傾向にあります。丁寧なブラッシングを心掛けることはもちろんのこと、歯科医院でしっかりと予防ケアを受ける必要があります。

子供の虫歯を
予防するには?

日頃のブラッシングや定期検診に加え、子供の虫歯を予防する上で重要なのがシーラントフッ素の活用です。

シーラント

シーラントとは、奥歯の溝にシーラント材と呼ばれる充填剤を流し込み、封鎖することで虫歯を予防する方法です。噛み合わせの溝が深くブラッシングが困難な場合には、シーラントによる予防措置は非常に有効でしょう。
ただし、「シーラントを行った歯は絶対に虫歯にならない」というわけではありません。日頃からしっかりと歯磨きを行い、シーラントの状態を定期的に歯科医院で確認してもらう必要があります。

フッ素の活用

フッ素には歯質を強化し、虫歯を予防する効果があります。特に、生えたばかりの永久歯はフッ素を取り込みやすく、高い虫歯予防効果が期待できます。
フッ素の利用方法としては、歯科医院で行うフッ素塗布やフッ素洗口、フッ素が配合された歯磨き粉の使用などが挙げられます。

小児歯科の診療の流れ(MTM)

治療中の子供

岡山県倉敷市のグリーン歯科では、MTM(メディカル・トリートメント・モデル)という独自の診療モデルに基づき治療を進めていきます。MTMとは、初回のリスク評価から治療、アフターケアに至るまでの流れをモデル化したものです。

治療を開始する前にはさまざまな検査を通じてデータを収集し、お子様に合った治療計画を立案します。治療後はメインテナンスによって、大人になっても虫歯のない健康な歯を維持するためのサポートをさせていただきます。
※MTMの詳細は下記のリンクより

小児歯科の診療の流れ(MTM)へ

当院が行う子供の
虫歯予防への取り組み

幼い頃から虫歯予防に取り組み、お子様の歯への健康意識の向上につなげることは、将来の歯の健康を守る上でも非常に重要です。

岡山県倉敷市のグリーン歯科クリニックでは、子供の歯の健康を守る会として「グリーンくらぶ」を設置し、虫歯予防に積極的に取り組んでおります。
グリーンくらぶの皆さまには3ヶ月間隔で通院いただき、以下の虫歯予防ケアを行っております。

グリーンくらぶの虫歯予防への取り組み
  • 適切なブラッシング指導
  • 虫歯や歯並びのチェック
  • 食事・間食への指導・アドバイス
  • 歯面フッ素塗布

なお、グリーンくらぶの診療は予約制です。お子様の歯の健康維持に関心をお持ちの方は、ぜひ当院へお越しください。

お知らせ