グリーン歯科クリニック

審美性と機能性を高める歯科治療 - 矯正治療

ホーム > 矯正治療

矯正治療とは

矯正と歯

矯正治療とは、矯正器具を用いて歯並びやかみ合わせを改善する歯科治療のことです。
矯正歯科治療は、歯並びをよくして見た目を美しくするとともに、日常生活において必須ともいえる発音や咀嚼(噛む)などの機能を改善し、生活の質を向上することにもつながります。

矯正歯科治療が
必要なケースとは?

発音や咀嚼に関わる機能障害が見られる場合や、歯が前に出て口が閉じにくい場合、歯並びの悪さに精神的負担を感じている場合など、歯並びや噛み合わせが原因で日常生活に支障が出ている方は、矯正歯科を受診し、矯正治療を受けることをおすすめします。

特に矯正歯科での治療が必要となる歯並びとして、以下のケースが挙げられます。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

顎が小さく歯が大きいために、歯がデコボコと並んでしまった状態を叢生(そうせい)といいます。叢生は乱杭歯(らんぐいば)とも呼ばれ、八重歯もその一種です。顎が小さい日本人には叢生が多い傾向にあります。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは、いわゆる「出っ歯」のことです。上顎の前歯、または上顎の歯列全体が下顎の歯よりも前に出ている状態を言います。上顎前突になると口が閉じにくくなることから、口呼吸が癖になりやすくなります。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突(かがくぜんとつ)は、上顎と比べて下顎が前に出ている状態です。しゃくれ、受け口、反対咬合とも言われ、重度の場合は骨の位置を改善する外科手術が必要となるケースもあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

空隙歯列(くうげきしれつ)は、歯と歯の間に隙間が存在する歯並びのことを指します。一般的にはすきっ歯と呼ばれる状態で、食べかすやプラークなどの汚れが溜まりやすく、食後のブラッシングが不十分だと虫歯や歯周病の原因につながる恐れがあります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯だけが噛んでおり、前歯が噛み合っていない歯並びを開咬(かいこう)と言います。前歯が常に開いており、発音が上手くできなかったり、食べ物を噛み切ることができなかったりと、様々な症状を引き起こす歯並びです。

当院で扱った
矯正治療の症例

当院で扱った矯正治療の症例をご紹介します。

症例

下顎前突

下顎前突の治療を行った症例です。下顎が引き締まり、噛み合わせが改善しています。

歯列矯正の方法は
さまざまです

悪い歯並びを改善する方法として、以下のような方法が挙げられます。

ワイヤー矯正

矯正法の中で最もスタンダートな方法がワイヤー矯正です。歯の表面にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を矯正していきます。
ワイヤー矯正には見た目がよくないという難点がありますが、最近ではブラケットの種類も豊富となり、金属以外にセラミックやプラスチックで作られた目立ちにくいものを使用することも可能となりました。

舌側矯正

ブラケットとワイヤーを裏側に取り付けて行う矯正法を舌側矯正と言います。
舌側矯正の最大のメリットはその審美性の高さですが、表側のワイヤー矯正と比べると口腔内での違和感が強いことや、治療費が高額になるなどの欠点もあります。

インプラント矯正

インプラント矯正とは、矯正用のインプラントを固定源として用いて歯を動かす矯正法です。インプラントの埋入が必要なため、外科手術を伴います。
インプラント矯正を行うことで、本来であれば抜歯しなければならない症例も、抜歯をせずに治療を行える場合もあります。

マウスピース矯正

薄いプラスチックでできたマウスピースを装着することで、少しずつ歯を動かしていくのがマウスピース矯正です。
従来のワイヤー矯正と比較すると、矯正中の歯の見た目が気にならないという大きなメリットがあります。さらに、マウスピースは取り外しが可能なため、矯正中もお口の中の衛生を保ちやすいのも特徴です。

矯正歯科治療中の留意点

歯列矯正を行う際には、日常生活におけるいくつかの注意点があります。

食事について

矯正治療に用いられる装置はデリケートなため、食事中に外れたり変形したりしてしまうことも少なくありません。
破損を避けるためにも、硬いもの、お餅・キャラメルなどの歯にくっつきやすい粘着性の強い食品などはできるだけ控える必要があります。

ブラッシングについて

矯正治療中の歯はブラッシングが難しく、食べかすやプラークの磨き残しが発生しやすいため、虫歯や歯周病にかかりやすい状態です。歯科医師や歯科衛生士の指導に沿って、磨き残しのないようしっかりとケアを行いましょう。

痛みについて

矯正器具を装着した2、3日は、歯が浮いたような感覚があったり、痛みを感じたりすることがあります。痛みの感じ方には個人差がありますが、3日から1週間程度で落ち着くのが一般的です。
痛みが長引く場合は担当医にご相談ください。

矯正歯科治療は
何歳からでも始められます

カウンセリングの風景

矯正歯科治療の開始時期については特に決められておらず、口腔状態が健康な方であれば、いつでも始めることができます。
「歯並びが気になって笑顔に自信が持てない」「噛み合わせが悪く発音がしにくい」など、矯正歯科に関わるお悩みをお持ちの方は、岡山県倉敷市のグリーン歯科へお気軽にご相談ください。

お知らせ