グリーン歯科クリニック

予防歯科治療 - MTM(メディカルトリートメントモデル)とは?

ホーム > MTMとは?

MTMとは?

MTM(メディカルトリートメントモデル)とは、悪くなってから治療するのではなく、悪くならないように予防する診療モデルです。
患者様一人ひとりに合わせて作った予防プログラムを元に、削ったり抜いたりする治療を最低限にとどめ、定期的なメインテナンスによって、患者様のお口の健康を保つ診療モデルです。

MTMの3つのプロセス

1.検査や診査の結果をもとにした診断

MTM01

患者様のお口の中の検査を行い、科学的に虫歯や歯周病を発症する確率を予測します。

問診や唾液の細菌検査のほか、歯や骨、歯肉の状態を確認し、今後予想される歯のトラブルの危険性や危険度を割り出すなどして、対処方法を検討していきます。

2.虫歯や歯周病の低侵襲治療と予防計画立案

MTM02

発症前の虫歯や歯周病の予防のほか、初期段階の場合は低侵襲な治療を行い、重症化を防ぎます。

さらに、検査結果をもとに科学的に診断し、患者様一人ひとりに合った予防プログラムの作成を行います。また、患者様にプログラムの必要性を再認識していただくために、データや画像を使って分かりやすく説明します。

3.メインテナンスによる虫歯や歯周病の予防

MTM03

虫歯や歯周病のリスクや予防についてご理解いただき、お口の中を健康に保つためにメインテナンスを行います。

メインテナンスでは、デンタルフロスや歯間ブラシを使って歯を磨くホームケアの指導のほかに、歯の汚れを落とすためのPMTCやSRP(スケーリング・ルートプレーニング)などのプロフェッショナルケアを定期的に行います。

年代別のMTMの流れ

お口の中の環境は年齢によって大きく異なるため、それぞれの年代に合った診療モデルを準備しております。

 成人診療

成人の初診から治療後のメインテナンスまでの流れを9つのブロックに分けて説明してます。

 小児診療

お子様の初診から治療後のメインテナンスまでの流れを5つのブロックに分けて説明します。

お知らせ